#PanDagruel

Category: Game (page 1 of 4)

ソシャゲ

・グラブル
去年の8月お盆付近より開始。自身とは思えぬガチャ運でH29.1月時点で水ゾを中核としたお手軽闇背水パの原型完成。後はセレ拳の凸と、召喚石か。ガチャ運に関しては闇に偏り過ぎていて、自分でも闇深い。
討滅戦レベルだと、VeryhardはいけるがExtは運次第てな感じでまだまだ先は長い。

 
・FGO
本格的に遊び始めたのが去年の6月くらい。ちなみに、ガチャ運はクソ悪いので「きのこがDDD3巻出したら課金する」事としている。現在まで☆5は、アルテラ、カルナ、ジャック。おっぱいおっぱいとか言ってたら無いのばかり引く不具合。

 
・Idle Crusade
多分、今年度最も課金しているゲーム。7月のMKN温泉部で偶然開始。洋ゲーの放置ゲー。ガチャ無しで、課金した分だけアカウントへのサービスが手厚くなるスタイルなので非常に安定。

ESO日本語版大雑把感想

DMMランチャーを間に挟むが、DMMランチャーがソフト終了後もプロセスに残ってるっぽいのが気になるところ。

肝心の日本語化及び吹き替えは概ね良好。翻訳ミス、漏れは少ない。

誤訳迷訳というか直訳的な物が目立つかな。例としては「High Lord」→「上級王」とか。馬鳥よりはいいけど・・・。

基本的な部分はNA準拠なため良いには良いが、日本語倉とNA倉でスキル名の齟齬により、すこーし先人の知恵を借りる時には苦労する。

ローンチ時にあった位置バグ、エリアバグなどは解消されており、ローンチ一か月でクソゲー扱いして辞めた人間は感動するレベル。

最近のF2Pゲーラッシュにおいて、このクライアントの高さは異常ではあるが、最安6,000そこそこで日本語訳&吹替有のゲームとしては非常に満足度高い。

月額課金必須ではないB2Pと考えればお得。

帰ってきたよ、ダガーフォール!

ということで、ESO日本語版を始めました。

NA垢は持っていたのですが、QuestやStoryを追いたくてね。Konozama食らって6/23開始の所、6/25昼開始になったのは残念。

けれども後発だったためか、DLも25minで終わり快適に開始出来ました。

しかしさー。折角メディアファイルで注文したのに、DVDにはDMMへのインターネットリンクしか入って無くて、結局DLでインストールとか舐めてる。アホかと。NA版クライアントは全部入りだったのに。

それからMacは「日本語入力オフ」しないと無理っぽいらしい。Google日本語入力との相性との噂も。

勢力については悩みましたが、メインで遊ぶには時間足りないという点と、ADはPvP主体Guild、EPは不明、DCは日本人多数で有り、知り合いも現役ということで、DCに決定。

で、改めて日本語、日本語音声でクエストやっていると面白い&没入感が素晴らしい。何となく空気で読んでた文章が彩を見せてくるのは○。

更に、NAローンチ時に苦しめられた各種バグは改善し、非常に快適であるのも良い。GW2も遊んでいるので牛歩で遊びたい。

Time to Come

課金一ヶ月目の今、素性隠してコミュニケーション重視のGuildに入った私の感想を言うと

「今こそMMO歴10年以上のおっさん達が遊ぶMMO」

ではないだろうかと思いました(エンドコンテンツRaid等を除く)。

 

あの日、MMOに出会い、懐かしい仲間、友人達と遊んだセピア色のあの頃・・・。そう、自分も就職していなかった学生時代のあの頃に・・・なぜか自分だけおっさんで遊んでいるような気持ちになれます。

若さを吸うといよりは強制的に、若さを尻穴から注入されているような、そんなマニアックな気分にさせられました。

 

20台の甘酸っぱい話とかを日々聞かされると、なんかとても罪悪感を刺激される浄罪のゲームですよ、明らかに。

 

ゲームシステムがEQ2以前の古いタイプで、ユーザーの利便性なんて知らないヨ!というMMO黎明期の、丁度”あの頃”を彷彿とさせるのもこの際プラス。

今時月額課金というのも懐かしさを助長させる要素なので、この際プラスとしましょう。

 

FF14というゲーム。これは、回春サービスです!

一週間

先週末帰省前に30でリューサン化。5日間でいけたにしては良く出来たか。
月曜出張があり昨夜34。捨身つえー。

ルレ1回、適正IDグルグル、待ち時間はFATEっていつもの流れか。メインストーリーが無いので、そうならざるを得ない部分はやはりある。

ググるとLv35~のギルドオーダーであるボムクイーンが旨いとか。Lv35で取得出来る念願のBackwardを覚えてから挑戦することになるのかね。ボムクイーン+IDで40まではサクっと行くっぽい。

ちなみに、周囲に状況を漏らすとかなりのハイペースらしく、一応ここに書いておく。
Lv1~10:手帳、リーヴ
Lv11~17:リーヴ(特に「冷えたワイン」、「卵」重点)
Lv18~30:ID、リーヴ(特に「冷えたワイン」、「卵」重点)
Lv31~34(now):ID、FATE
IDに関しては、当初ルーレット→適正IDとかやってましたが、素直に適正のみ回しでいいような気も。

2日目

夏の水着貰えるイベント。とりあえず竜騎士取るまでは我慢(rep30)。最終週にでも頑張る。
つか、会場の、擦ったら出る、とか言う卑猥な街の海岸がイベントで重すぎ&冷えたワインリーヴ封印で困っております。現状、適正リーヴと卵回す感じか。くぅ。
まず、リューサン目指すぞ、と方針決定した昨夜は、リューサン前提の斧を8→15まで。槍を7→12まで。

あとは、槍を上げて行くのみですが、なんか連撃系モーションでもダメージ判定一回とかなんだな・・・。

あと、槍スキル使う度にヤーヤーうるさいが、段々慣れてきた。斧よりは槍っぽいモーションなのはいいが、射程が長くないのがなんともな。

時々14

久々に14課金。

拡張未拡張。FF14本体を480円で購入した身としては、もう少し安く上げたい(まだ言うか)。

とりあえず、今までメインだった黒がLv50↑に結構面倒臭いテクニカルになったというので、メイン変更。

知り合い曰く「単体バ火力&Easy」というリューサンを目指すことに。
勿論、槍はゼロ(‘A’)b

黒の装備流用出来るなら召喚でもいいんじゃ、という話があり昨夜ガッツリ巴術Lv上げしましたが、どうにも、その・・・本のモーションが気に入らん。

もう一度言うぞ。性能とかそういうのはいいが、モーションが気に食わん。

 

というものの、槍上げ始めたらゴツい装備に心折れそうでしてな・・・。もうダメだおしまいだああああああ、っと一晩寝たらピンと来ました。
ソウヨ、ミラプリ ガ アルジャナイ。

リューサン目指そう。うん。

GE2RB

10月下旬に、リメイク&システムUpgrade版が出るという事で、積んであったGE2に着手。
GE2自体はキュウビ倒した後に気が抜けて、放置している程度のカジュアル勢でした。
で。Update掛けて起動してみると「なんじゃこりゃ・・・」というレベルで新要素が増えている。慌ててWikiやらググりを開始。

 

・遺された神機(のこじん)
MHで言う「おまもり」。ただし12個付けれる。難易度高でレア度Up、1ミッションでランダム3個ゲット。のこじん本体も重ねて+能力を上昇出来る。1000個まで保管可能。
・・・何言ってるかわからないのですが・・・。頭おかしいんじゃないですかね(率直)。

 

・NPC仲間の成長
連れてってExpを稼がせてスキルを覚えさせてカスタマイズ出来る。方向性はいいんだけどさ。

NPC仲間も多すぎてダルいんとちゃいますかねえ・・・。

 

・鎌
追加武器です。強いし良いですが、GE1からのブレード使いなので射程を生かせず断念しそう。現に超近接で射程延長してましたからね・・・。

 

取り急ぎこんな感じか。

ちょっと気になったUI関係では、戦闘後素材が全部倉庫送りになるようになってたり、”ダメージ数値の視覚化”があったりと改善点も多数。
低難易度にも追加が多くなっていたり、少しお値段高めながら良心的リメイクというところか。そう、RBはシナリオ拡張では無くGE2リメイクの様相。

とりあえず、現在はウォーミングアップがてら難易度8を続行。プラス下位ミッションをスピアでやってみたり。

EQNが死んだ日

さようならEverQuest。

Ever Good Bye。

Ever Quest Never

新生一ヶ月目

細々と昨年末始めた新生FF14ですが、思ったよりゲームしています。や、比較対象が根性版とも言われる旧FF14なのですが・・・。
コアシステムは明らかに旧FF14なので、ぶっちゃけ不便です。今時これはねーよ! と叫んでしまう「痒い所に手が届かないばかりかストレスが溜まるUI」は健在。

ある意味FF14らしい。

グラフィックは良く「綺麗」や「最高品質」等言われますが、「2007年リリースで既にサービス終了したVanguard Saga of Heros」並。

特にテクスチャの細かい表現は苦手としていて、一枚板が意外に目立ちます。その反面、鮮やかな色遣いは昨今の韓国産MMOをインスパイアしたのか明るくメリハリのある好印象。
良くGuildwars2と引き合いに出される事がありますが、ギミック戦闘及びフィールドイベントはRIFTの超劣化パクリ。まあ、それはGW2にも言えることですが。劣化させたことで、適当に参加しやすくなったのはいい事だと思われます。敢えて褒めるのならば。
特筆すべき現在動いているMMO中で随一と思われる物ゲームの軽さ、Loadingの少なさ。これだけは群を抜いているが、PSで動かす事を前提で基幹が組まれているのならば・・・と納得するところもある。
ノーマルダンジョンが4人で少ないな、と思ってはいましたがFF3までは4人Grpだったよな、と気付いたり、Full Grpがなぜ8人なのかは吉田P氏のマストMMOだったDaocからの引用なのでは、と思ったり。

ギミック戦闘は日本では賛否あるとは思うのだが、海外では既に枯れ切ったシステムであり、それを思い切って黒船輸入してきたというのは素晴らしい。

FFシリーズのナンバリングタイトルとしては、かなりオリジナリティが弱いのがちょっとダルい。

今までのFF世界設定をミキサーに欠けて、ゲロもといアレンジしたものを「新生FF14でござい(ドヤッ」とやっているようにしか見えないのだ。

 

ただ、古いFFファンには、懐古とも言えるフレーバーをこれでもか、とブツけてくるのには、さすがに降参。
それから、ややクドいがクエストやムービーの見せ方やドラマチック性については売りとして機能しているように思える。

FF11から続くシナリオ・クエストの見せ方を継承しつつ、第二世代初期のMMOに最新MMO要素をぶっこんでごった煮にしたMMOという感想。

吉田P氏のファンメイドのPvE中心Daoc2と言えなくもないか。

Olderposts

Copyright © 2017 #PanDagruel

Theme by Anders NorenUp ↑