#PanDagruel

Category: 健康 (page 2 of 5)

胃縮小傾向

はじめて一ヶ月ですが、胃が縮まってきた感じです。

最初の1.2週間は「ヒャッハー! 夕食食いまくるぜ!」だったのに、今では「うん・・・お腹もういっぱい」という感じで。お昼とかグーグー鳴ってます。

食わないストレスは主に温泉で解消してますが、本でわかっておりましたが結構ストレス溜まります。この継続したストレスが一番辛い。
運動は、まあDiablo3以降減り気味でw。自転車通勤の回数を増やすことで対応したいなあ。

1日1食一ヶ月

基本夕飯のみ。
昼はバナナ1本か春雨スープ(抜きたいが何も食ってないと周囲が・・・)で。
運動は定時の時はウォーキング、週休1日は2H程。近日往復1Hの自転車通勤。

一応のところ。4kg減。結構いいペース?

まあ、勿論週末夕飯少な目酒盛りとか、夕飯&甘物とかもたまにしておりますし、運動は面倒くさいとやらない方なので徹底できてはおりませんが、まあまあいい方か。
何より、昼食えないくらいしか辛いと思うことがないのがいいです。本にあった「昼飯食べないと眠くならない」というメリットは実に美味しい。
その分休日はストレスたまるのでちょくちょくと・・・。

とりあえず、ここ数年努力してもバンシー級くらいだったのを、どうにかこの夏くらいまでに、せめてオウサム級にまで持っていきたいと思っています。目指せ標準体重ということで。

「空腹が人を健康にする」

話題の1日1食の本ですなー。医者の方が書いております。
先日実家帰った折に妊娠三ヶ月状態の私に親が渡して「読め」と。

書いてる事は医学的見地から、で非常に効果がありそうな内容ですが、段々とエセナチュラリストも真っ青に
「XXは人間の自然的活動に害がある」
「XXは実は自然ではない物質だから」
「XXはダメ!」
とか言いまくる。今の日本には当然住んでないと思うけど、住んでちゃいけない思想の持ち主じゃね?

さて、最終的な感想。
この人は西洋医学的見地から辿り着いてしまったんだろうけど・・・これ、中国古典に幾らでも同じ内容出ています。二番煎じもいいところ。
所謂一つの「古代中国における仙人になる方法」そのものです。まあ、最終的に仙人は1日1食すら必要なくなるわけですが・・・。ただ、西洋医学的に見た健康の極地が仙人思想に行き着いたのは凄いというか古代中国人は偉大だった。

とりあえず、少しやってみようかと思います。
今の職場は仕出高杉、周囲に飯場少なく遠い、ということで実際にはバナナ&カップラ持ち込みくらい。バナナ1本とかにすれば、少し変わるのかな?

連絡してみた

岩手県にも「発達障害センター」とやらがあることがわかったので、メールしてみました。
症状のこと、職業適正のこと、近い内に心療内科等を受診予定のこと、不安点等々。

日曜午後にサラッと書いて、まあ年度末年度始で忙しいだろうから期待しないでいたところ、月曜朝に即返答有り。

要約すると、
・発達障害は突発精神病じゃないから、昔のことを親から聞いて同様の事例があったか確認して欲しい。診断の時に医者から細かく聞かれるよ。
・そこら辺の心療内科だとダメ。専門医じゃないと診断できないよ。花巻なら国立花巻病院に専門いるので、「発達障害に関する診断」で予約して下さい。
という辺り。
なるほど。暇出来たら親に聞いてみよう。早くて病院は5月か・・・?

でも、あやふやな思い出から発達障害に分類される事項を思い出すと
・不得意科目(面白くない)の授業はもれなく睡眠
・ケアレスミス多数
・忘れ物常習犯
・整理整頓は全滅
・感情が強くなると衝動的に物を壊す

あれ? ・・・衝動以外今と全然変わらなくね・・・? ・・・えー。

すっぽん

ということで先週末の2/11-12に西和賀の湯川温泉 萬鷹旅館に「スッポンフルコース」を食べに行ってきました。

参加者は、私、枕、あるま、枕長男、ひぐら長男。ぶっちゃけ、ひぐら長男は枕長男子守用に呼ばれたわけですが、よく”兄貴”役をこなしておりました。MVPです。
あるま氏は1月の北海道以来、現在盛岡在住ということで関係急接近。今回も安定のパフォーマンス。

会ったことがない人に説明すると、枕屋氏の2Pカラー風味の御仁。主に下半身的な意味で。

・2/11
現地集合だったので沢内の親戚宅をついでに訪ねるために午前中に西和賀へ。北上は晴天でしたが、こちらは吹雪いていました。たまに視界ゼロになる吹雪っぷり。
まあ、慎重に運転していたので無事でしたが祖父の家に着いたら、前輪が雪にドハマり(‘A’)。
親戚や近所の助けもあり1H未満程度で脱出完了。しかし、疲れた。リフレッシュする前に腕痛くしてどーすんだ。叔母に飯を食わせてもらい、手作り豆腐、納豆、コンニャクをGet。

日も陰るが吹雪そのままなので一路旅館へ。
折りしも2/11から湯田では雪あかりで幻想的な光景になりつつありました。しかし、視界ゼロ吹雪が時折来る中ではそんな悠長な事言ってられず一直線。
萬鷹旅館は、外見ボロ旅館で雪の壁と相俟って見逃しそうになる存在感。現に通り過ぎてしまった人も・・・w。
しかし、部屋の内装は改装したてで近代的。地デジも入れば電波も入る、絶好でしょう。(日本通信は息してませんでしたが)

枕が15時半、俺が16時、あるまさんが18時とバラつきはあったものの、皆事故もなく無事に集結。そしていよいよ、スッポンフルコースへ・・・!

・すっぽん料理
脂身を炒めたもの
生き血の焼酎割り
皮、エリの酢味噌和え2種
身とシーチキンを混ぜたもの
茶碗蒸し
エリンギとスッポンのチーズ&マヨネーズ焼き
まる鍋
心臓or胆嚢 in 日本酒
刺身(赤身、脂身、白子、レバー&腸(湯通し等下処理済)、皮)
唐揚
まる雑炊

他に、手打ち蕎麦も付き大満足。
一つ一つの感想が書けないくらい全般的に旨い。
とにかく美味しい。
料理人の腕もあるとは思うが、ただただ美味しいのが特徴。
特に鍋、雑炊は神の領域だな! 

やたら量があり大の男でも満腹にも程があるくらいなのも、また。
特筆すべきは子供用メニューがきちんとした和牛鉄板焼きやタタキが出て、普通に美味しそう。むしろ、子供達が残したもの皆で食ったね!

飯の後は食休みを挟み全員で温泉へ。丁度合間だったのか貸切状態でした。
まあ6組しか宿泊できない宿なので、結局最後まで風呂場で他部屋の人と会うことはありませんでした。温泉自体は小さいながらも掛け流しの綺麗なお風呂。良かったです。

・2/12
及第点の朝食と早朝からの温泉で大満足だったのですが、ちらりと駐車場を見ると40-50くらいは車に積もってるのを見て欝。
しかし、チェックアウト際にはキッチリと除雪されていたのには感激でした。更にここの駐車場は温泉流しっ放しで凍結無しという、この地域ならではのサービスがあり、清々しい気持ちで出立・・・したのはそこまで。

宿を出た我々を猛吹雪が襲いました。
視界ゼロは当たり前、良くても視界5mで対向車のライトすら怪しい状況が続きます。30分程度悪天候と格闘し文字通りの手探りで運転しインターに辿り着いた我々を待っていたのは、また地獄だった(銀河万丈風)。

そんな天気なので高速も同様。北上まで30分。追い越し車線の無い高速なため、超ノロノロ・・・まあ、それがありがたい場合もありますが、だいぶハードでした。
おかげで帰宅し、休んでからはガチガチでハンドル握ってた影響か筋肉痛で煩悶。なかなかない事です。

で、スッポンですが、あまりにも美味しいので年1回食べるとハッピーになれるレベルだと思うので食べていきたい所存。

・・・あ。
強精剤としてのスッポンですが、ぶっちゃけ参加者一同の感想を総合すると「まだマムシのが効く」ということで結論。
タンパク質、亜鉛を大量に取るので量が増えるくらいじゃねーかなあ?

減量

うん、まあ、今日健康診断だったのですが

「もう少し痩せろ」
「もう少し運動量増やせ」

とありがたい格言頂いたので、もう少しまじめに頑張ってみようかと。
朝夕運動するのがいいらしいのですが、夕はともかく朝は辛い・・・ので少し考え中。

やはり、通勤を歩きにすべきか。
歩きの人曰く45分が妥当、とのこと。悪くはないが・・・まあやってみよう。

6月頭に風邪をひきました。

微熱と喉の痛みと鼻水中心でしたが、夏風邪効果で週明けくらいまで延び延びで治癒。
・・・と思いきや、喉に痰が溜まり咳が微妙に続くようになって、先週頭くらいから強い咳incoming! ついには吐き出す痰に血が混じるように・・・・これは、まさかの肺炎結核フラグktkr!?

というのが先日までの状況。
で、先日病院行った所「痰全部が赤くなってたらアウツ! でも混じるだけならセーフ!」ということで最悪の事態は免れたっぽい。
とりあえず、昨日貰った咳止め使った所まったく咳で眠れずに今朝は朝少し遅め出勤に。今度は眠剤も使おう。
ということで、週末あった人等、感染性のヤバい咳じゃねーので安心汁。
眠剤使った結果・・・まあ、成功かなあ。狐につまされた気分ですがw 

ただまあちょっと考えてるのが「低線量被ばく」。
喉の違和感、咳、鼻水、だるさ、似てる・・・今がこういう御時世なので少し。

いやあ

朝来たら昨日ファイリングして整理した文書をどこに整理したかわからないwwwwwwwwwwwwww

興味

精神疾患なのか、こう後ろ向き的な精神状態なのか、判断付きかねるので今度心療内科行って来ようかと思っている事が1点ある。
地震のPTSD気味の奴じゃない。もっと、なんだろう? 根本的な問題。

なんだか、上手く言えないが、興味をもたない事象に対して完全に無関心で無注意で無意識なんだ。

自分の頭の中には箱が1個だけあって大体半畳四方くらい。
その中に自分の興味のあることを入れてそれを考えることにしている。
・・・まあ、本当に自分の興味感覚の赴くままに箱に物詰めていくと社会活動に影響を及ぼしてしまうため、
私も学習し、少し「興味を少しでももたなければいけないスペース」を箱の中に設けて時々入れ替えしながらやってるような。

箱の外は一面の無色の世界で、そこにある無色ジャンルの物事は基本的にアウトオブ眼中。
本来であれば反応もできないし感情も沸かないのですが、今まで生きていた中で、それに無反応だと相手の反応が悪くなるのでもっともらしい仕草や相槌を演じるようにはしています。
でも、何も感じないんだけどね。本当に。

最も実感するのは「整理整頓」。
なんというか、散らかってるという事象自体が良くわからないというか、散らかっている→不快→片付けが必要、というアルゴリズム自体がわからない。
あるがままに、とは良く言えばそうだが、あるがまま、とも思わない。
散らかっているという事象は片付いている事象と同じ状態? いや、同意義でも同価値でもないので、やはりこう言わざるを得ない。
「整理整頓について気にすることができない。わからない。」と。

問題は、今の仕事入って8年目になりますが、じわじわと確実にそういう思考形態のおかげで自分のエラーや仕事ミスが出来てきていること。
明らかに他の人(自分以外の他者)との思考形態の相違が違和感という形で出てきたので、本気で心療内科とかに相談した方がいいんじゃないだろうか。

ちなみに、今最近という事ではないんだ。自覚したのが大体二十歳くらいだからもう10年くらいになるんだが、最近結構な量の仕事を任されるようになり表面化してきたというか。

変な鈍痛

肩と肘との丁度中間くらいに鈍痛。日曜朝から。

肘の関節痛とは場所が離れているため疑わしいが、腕である以上関係無いわけがない・・・んだが、どうしてそこが痛いかが不明。
我慢できなくはないが思わず身を捩りたくなる痛みである。肘の関節痛に比べればマシだが・・・。

とりあえずロキソ+円皮鍼でも打って様子見してみるか。

Olderposts Newerposts

Copyright © 2018 #PanDagruel

Theme by Anders NorenUp ↑